MENU

会長挨拶
Greeting

ようこそ!
「歴史と文化の宝庫」兵庫津へ

国際港湾都市神戸港は、2017年(平成29年)に開港150周年を迎えました。この年に私達兵庫津の住民が中心となり、「兵庫津日本遺産を目指す会」を立ち上げ、2018年5月に兵庫津が北前船寄港地として、日本遺産に認定されたのを機に「兵庫津日本遺産の会」と改称しました。

兵庫津と呼ばれた私達のまちは、古代から今日まで貿易港として大きな役割を果たしてきました。特に江戸時代中期に天領になり、行政は岡方、北濱、南濱の三惣会所に委ねられました。北前船の活躍で北海道、日本海地区との物流の大動脈が築かれ、人、物、文化が近畿と各地を往来するようになり、兵庫津は主要な港として栄え、兵庫津の人口も五千人から二万人へと大きく増加しました。

この長くて奥深い歴史と文化を土台として、今日の神戸港の発展があります。多くの方に兵庫津にお越しいただいて、奈良時代からの1300年のタイムトンネルをくぐって、素晴らしいロマンに出会っていただきたいと思います。

私は先代 高瀬章会長の後を引き受け令和6年度より会長に就任した十河美津子です。
兵庫津の地域の方々と歴史と伝統のまち兵庫津の魅力発揮に努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

兵庫津日本遺産の会
会長 十河 美津子